フォト

店舗のご案内

無料ブログはココログ

イベント

2011年6月10日 (金)

店内で「脱原発ポスター展」

震災から3ヶ月目の明日は、「6.11 脱原発100万人アクション」ということで
各地で盛り上がっている。
長野県でも、長野、松本、諏訪、佐久などでアクションが予定されている。

飯田・下伊那では今のところその動きはなく、
うちも引越しの準備で忙しく余裕がないのだが
フェイスブックからの呼びかけで「脱原発ネットデモ」に参加することにした。
6月11日に脱原発についての想いをコメントしよう、というもの。
これなら、ちょこっとした時間にできるでしょう。

でも、それでも、それだけでなく、お店で何かしたいな~、と思い
脱原発ポスターを展示することにした。
ネットで話題の「脱原発ポスター」をプリントアウトして、お店の壁に貼ってみた。

こんな感じ。

Poster

改装まで続けます。毎日少しずつ増やしていこうかな。

見に来てくださいね。


2011年6月 3日 (金)

講演会「東日本大震災 2ヶ月目の現実」~宮城県石巻市渡波(わたのは)地区は今~

先日ブログで紹介した NPOいいだこどもゆめクラブの矩(かね)さんが
石巻市渡波で活動してきた支援の様子を伝えたいと、講演会を企画しました。

日程・場所は以下の通り。

つきのいえでは 6月9日にやります。

6月9日(木) 19時~21時くらいまで 場所:つきのいえ
6月16日(木) 19時~21時くらいまで 場所:飯田ゆめみらいITCカレッジ
6月23日(木) 19時~21時くらいまで 場所:松川町交流センターみらい
6月30日(木) 19時~21時くらいまで 場所:杵原学校(旧山本中学校跡)

いずれも参加費無料です。

講演者プロフィール
矩宏彰(かねひろあき) NPOいいだこどもゆめクラブ代表 27歳 
滋賀県出身 飯田市在住

現地で撮影してきた映像を見ながらお話を聞きます。

ぜひご参加ください。

つきのいえでの最後のイベントになりそうです。

2011年5月21日 (土)

震災支援の報告会がありました

昨日はつきのいえで震災ボランティアに出かけた方のお話を聞く集まりがあった。
報告してくれたのは 感環キッズ自然村主宰 坂井公淳(きみあつ)さん。

石巻、南三陸、気仙沼など広い地域でたくさんの避難所に関わって活動してきたことを写真をまじえて話していただいた。

どこから手をつけたらいいのかわからない、終わりが見えない。
その現実のほんの少しだけかもしれないけれど、想像するしかないけれど、
直接出向いた人から伝えてもらうことは、テレビや報道ではわからないことがたくさんあった。

坂井さんたちは、特に気仙沼市の「大島」という離島に縁を感じ、今後つながりながら支援していくという。「顔の見える」支援をしていきたいという思いは、まさにフェアトレードの考え方と通じる。

参加者は少なかったものの、その中に3人も現地に行ったことがある人がいて、そのそれぞれの体験を伺うこともできた。
飯田でも現地に出向く人が増えてきているし、支援者同士の横のつながりが今後必要になってくるのではないか、という話も出た。

現地に行った人は一様に「行かなければわからない、ぜひ一度足を運んでほしい」と言う。
そのためにも、支援者、ボランティアのためのノウハウや情報は必要だし、現地に行くことができなくても、つながることができるアイディアを捻出し、多くの人が関わり支えていくことが大事なのだと感じた。




2011年5月17日 (火)

学習会「チェルノブイリ原発事故から学ぶ」

今「フクシマ」でおこっていることは、「チェルノブイリ」でおきたこと。

これから「フクシマ」でおこるであろうことも、以前「チェルノブイリ」でおきたこと。

25年前にウクライナ「チェルノブイリ原発」事故の放射能汚染で、広大な大地が汚染され、たくさんの人たちが病気になり、森も畑も死んでいきました。
小牧さんたちは粉ミルクを日本から送り、医療現場に医薬品を届け、汚染地域の子供たちの就学を助け、今汚染された土壌の浄化に取り組んでいます。

チェルノブイリでおきたことを学ぶことで、私たちは現在進行形の福島原発事故後のふるまい方を考え、対策を練り、リスクを減らしていくことができるものと信じています

私たちは何を食べ、どのように原発事故と向き合い、福島の人たちにどんな支援ができるのか・・・
チェルノブイリ近郊にあるナロジチという町を、長年支援されてきた「チェルノブイリ救援・中部」代表の小牧崇さんのお話を聞いて、一緒にこれからの展望を語らいませんか。 (文責 立田)


学習会「チェルノブイリ原発事故から学ぶ」

日 時 : 5月27日(金)19:00~
講師  : 小牧崇さん 「チェルノブイリ救援・中部」
代表
場 所 : 飯田市上郷飯沼(国道153号線南条交差点
角)「つきのいえ」
       アクセス 
      
参加費 : 資料代300円+カンパ(チェルノブイリ救援・中部の活動に充てられます)
お問い合わせ先 立田(てくてく) 090-2222-9601 
           阿部(つきのいえ) 090-1424-4398


チェルノブイリ救援・中部ホームページ 

※先日、中川村でも行われた学習会たいへん好評でした。
 飯田でも多くの方とシ情報を分かち合いたいと思います。
 たくさんの方の参加をお待ちしています!

 ☆ちらしPDF

  A4の紙に2枚分。半分に切って、1枚は自分に、1枚はお友だちに渡してください♪


2011年5月16日 (月)

震災被災地ボランティアの報告

アメリカの救急救命士と消防士の資格を持つ坂井公淳さんが、3月の終わりから4週間、宮城県石巻市、南三陸町、気仙沼市の離島・大島で活動をしてきました。
そこで見たこと、感じたこと、考えたことを多くの人に届けたるために、報告会が開かれます。
これから現地に行こうという方へのアドバイス、ここにいて現地とつながるためのヒントなどを伝えます。
中学生、高校生など若い世代にぜひ聞いていただきたいです。

報告会「ボランティア体験からの希望」

日時 5月20日(金) 午後7時~
会場 自然雑貨 つきのいえ
参加費 大人100円

呼びかけ人 ミヤタロー 連絡先 0265-53-5980(てくてく)

坂井公淳さんプロフィール
飯田市在住。キッズキャンプ感環キッズ自然村主宰。
アメリカ留学体験を活かし、冬は通訳、夏は子どもたちの野外活動の指導者として豊富な経験と実績を重ねています。
感環キッズ自然村の村便り





2011年5月15日 (日)

クラフトカフェ 羊毛フェルトでアクセサリーを作りましょう

Craft
羊毛や毛糸をフェルティングニードルでつんつん刺して、
フェルトのアクセサリーを作りましょう。

今回は飯田市のシンボルでもあるかわいらしいリンゴや
ランダムな模様の帽子ブローチを作ります。

二つともとても人気のあるデザインで、新しいテクニックも覚えることができます。

お茶を飲みながらおしゃべりしながら 気軽に参加できる楽しい時間です。

自然素材の羊毛に触れながら、ほっと心癒されるひとときを。

5月21日(土) 午前10時~12時半
参加費(材料費・飲み物代込み)
  A(りんご)・・・1,800円  制作時間:1時間半
  B(帽子ブローチ)・・・2,600円 制作時間:2時間
場所 つきのいえ
定員 10名(要予約・前日まで)
持ち物 はさみ、フェルティングニードル(ある人)
講師 染織造形作家 原口恵子 “アトリエ風花”
問合せ つきのいえ 0265-52-2666
      原口 0260-27-3682








2010年8月 9日 (月)

■DVD「豊田勇造 円山音楽堂ライブ!」上映会inつきのいえ

Dvd_200
2009年6月6日豊田勇造60歳6時間60曲フリーコンサートのDVD
「豊田勇造 円山音楽堂ライブ!」の上映会やります。

日時 8月10日(火) 19時~
場所 つきのいえ

 言いだしっぺは、昨年このフリーコンサートのために京都まで行ったKeyさんとKeiさん。
  DVDを買ったはいいものの、これを一人でパソコンの画面で見るのはなんとも味気ない。
  どうせなら、みんなで見よう、大きい画面でいい音で聴けたら、なお良し。
  ということで、ウチにお鉢が回ってきました。

  ウチの古いプロジェクターもなんとか起動したことだし、スクリーンもあるし、スピーカーもつながるし、
  ま、なんとかなるでしょ。

  てなわけで。

  夏の宵、勇造さんの唄を聴いて、まったりほぐれませんか?

2010年7月16日 (金)

■「発達障害の支援」勉強会

※つきのいえで来週行われる勉強会のご案内です。

「発達障害の支援」勉強会

【日時】 7月20日(火) 13:00~
【参加費】 600円 
(資料代+お好きなドリンクと健康的なおやつ付き)
【場所】 自然雑貨 つきのいえ

大切な子どもたちの命を守るために 知っておくべき知識!

なぜ発達障害がふえているのか?ほんとうの原因は?

 *安易に薬を飲ませないで!その前に知っておくべき真実
 *科学的根拠のない発達障害の診断
 *子どもの処方される薬物の恐ろしさ
 *食事や生活習慣、コミュニケーションなど、見直してあげられる余地のあるものも

【企画運営】市民の人権擁護の会 長野支部 飯田窓口
        飯田世話役 岡田 090-4463-0434


2010年7月 9日 (金)

タイの手仕事 バーンノーク展示会 開催中!

Banok3

タイの手仕事 バーンノーク展示会 開催中です!

布、バッグ、小物いろいろ、カゴ、アクセサリー・・・

Banok1_2

お洋服も人気です!

Banok4

今回の目玉♪ アンティークな雑貨やラオスの珍しい布。

Banok5

ボタンやテープ、モチーフなど、手芸好きにはたまりませんね!

12日(月)まで 開催しています!

ぜひ 足をお運びください~

【日時】 7月9日(金)~12日(月) 10:00~17:30
【場所】 自然雑貨 つきのいえ
 MAP

2010年7月 3日 (土)

タイの手仕事 バーンノーク展示会 inつきのいえ

Bannok

タイの手仕事 バーンノーク展示会

【日時】 7月9日(金)~12日(月) 10:00~17:30
【場所】 自然雑貨 つきのいえ

タイの田舎の村で作られる手織物や草木染、木工品などを扱う

「バーンノーク」さんの展示会です。

手作りのぬくもりあふれる洋服、小物、アクセサリーを集めました。

キッチン雑貨、手芸素材も並びます。

どうぞお立ち寄りください。

☆バーンノーク
松川町在住。年に数回タイに足を運び、自らの目で選んだ品だけを扱っています。
飯島町で夏と秋に開催している「フェアトレード&エコロジー地球屋」でおなじみですね。
上の写真は「地球屋」の時のものです。
今回は「つきのいえ」の空間を利用してバーンノーク・ワールドを展開します。